消費者金融の利息について

消費者金融は審査が甘いため、銀行などと比べると貸出金利が高めに設定されています。
消費者金融を利用して10万円を借りると利息は18%ほどになりますが、銀行を利用すると数%低い金利でお金を借りることができます。
ちなみに、現在の貸出金利は利息制限法により最大で20%までと決められています。
以前は20%を超える金利(グレーゾーン金利)で貸し出しを行っていた消費者金融も多くありましたが、現在は20%を超える金利は違法となります。
もし、20%を超える金利でお金を借りたことがあるならば、過払い利息返還請求をすることで払い過ぎた利息を取り戻すことができます。
消費者金融を利用するときには必ず金利を確認するようにしましょう。
消費者金融からお金を借りれば、元金とともに利息もあわせて返済していかなければなりませんから、返済する利息がどのくらいになるのか計算しなければ返済計画を立てることができません。
消費者金融の利息は日割りで計算されます。
つまり、10万円を年利18%で消費者金融から借りた時の利息は、「10万円×0.18÷365」ということになり、一日あたり約50円の利息がかかってくることになります。
利息は毎日増えていくものですから、返済期間が長引くほど返済金額も増えていくことになります。
消費者金融のサイトには返済シミュレーションというものがあるので、それを利用して、返済期間がどのくらいになるのかしっかりと確認しておきましょう。
これは逆に考えれば、返済期間を短くできれば支払う利息を少なくできるということにもなります。
先程も言いましたが、消費者金融の利息は日割り計算ですから、一日でも返済期間を短くすることができれば返済額が減ることになります。
さて、冒頭で「消費者金融の利息は銀行よりも高い」と言いましたが、実は例外もあります。
それが無利息キャッシングです。
これは初回利用者限定のキャンペーンとして行われることが多いのですが、ノーローンのように、何度でも一定期間に全額返済できれば利息がゼロになるというところもあります。
もし、「次の給料が出たら全額返済が可能だ」というならば、無利息キャッシングを利用することで、銀行よりも安い金利でお金を借りることができるのです。